忍者ブログ

七瀬の日記

ハリーを笑うもの

図解でわかる「ハリー」完全攻略


近所の動物病院で「里親会」に参加してきました。

譲渡会などに参加するのは初めてです。

ドキドキ緊張しながら順番待ちしていました。

待合室にキジトラちゃんの兄妹がいましたキジトラ猫手

もし譲っていただけるのでしたら兄妹一緒にハートと思っていたけど

10分の差で、妹ちゃんは決まったようです。

兄妹一緒に引き取るほうが優先なのかな?と思っていたら

先着順だそうです。

それに、夫君と、①姉ちゃんの3人で行きましたので

次回は家族そろって行きたいと思いました。

 

横浜中華街で肉まんやエッグタルト

中華の甘い系おいしい~です好き

 

さすがに超ジャンボブタまんは諦めましたニコ

 

 

大阪、ユニバ~

今回は一泊だけど女子は荷物多め汗1

スーツケース(一人一つ)に荷造りしてスーツケース

新幹線~空いてるリボン

行ってらっしゃ~いバイバイ

新大阪到着~ホテルのチェックイン前だから

ホテルに荷物を預けてユニバへGO

 

ハリーポッター大好き③姉ちゃんわはは

すぐ仲良くなっちゃう音符

 

いいな~楽しそう~おんぷ

 

大阪のたこ焼き美味しいんだろうな~嬉しい

 

写真見ているだけで行った気分になってウキウキ嬉しい

 

 

18時頃にはLINEグループ電話かかってきた~ニコ

ママが寂しがってるでしょ~って泣

ルイ君を見たくて何度もかけてきてたわドーナツ

新横浜まで①姉ちゃんの彼氏が迎えに来てくれて

②③姉ちゃんは、初対面ニコ

じっくり彼氏の感想聞くわデリシャス!

 

たくさんのお土産笑顔

マスコットは必ず買ってきてくれるの。

私のマイカーに飾るのがお決まりなんですハート

 

素敵な✨わたし好みのお茶碗 うれしい

 

「うち最強やねん」のお土産Tシャツ

カーブスに着ていくわニコ

夫君は「おれ最強やねん」だったわ。

ダイエットの方は増えてないので順調にしておきましょっリボン

45kg台をキープ好き44kg台に入ったら美容院行くって決めてるの

 

これ美味しくてはまってますリボン

食物繊維たっぷりネ

かたいので口の中が切れそうになるので

ゆっくり味わっていますわはは

 

 

モッピーに変身にゃ~キジトラ猫手

 

①姉ちゃんは、昨年の11月に退職し有給消化していました。

先日、新しいお仕事見つかりました。うれしい

さっくり苦労なく見つかり良かったですハート

前職と職種がぜんぜん~違うけどファイト

 

②姉ちゃんも今時めずらしいホワイト企業で

お仕事を楽しんでおります。音符

感謝の日々です。

いつも、いいね、コメント感謝しておりますハート

本日も、ご来訪頂きましてありがとうございます。笑顔

あなたに祝福がありますようにハート


ハリー心に残る一品との出会いをお手伝いします。


嵐 第61回グラミー賞授賞式」へ 櫻井翔&山下智久、レッドカーペットで豪華共演




グラミー賞/モデルプレス=2月11日】11日(日本時間)、「第61回グラミー賞授賞式」が米ロサンゼルスで開催され、授賞式前にのと、がレッドカーペットに登場した。



嵐「第61回グラミー賞授賞式」参加

山下は今回、WOWOWにて放送される同授賞式のスペシャルゲストとして出演しているため、授賞式会場へ向かうレッドカーペットでWOWOWのレポーターとともに模様を伝えていると、突然、櫻井が近寄ってきた。

櫻井は「グラミーでLAと聞いたので、がノミネートされたのかなと思ったのに取材でした」とジョークを交わしながら、山下とのレッドカーペット共演を喜び、「のほかのメンバーも中にいると思います」とメンバー全員で「第61回グラミー賞授賞式」に参加することを明かした。



櫻井翔&山下智久&ゼッド、豪華3ショット実現

すると、そこへ年間最優秀レコードにノミネートされているドイツ出身DJのゼッドが登場。以前、山下と交流があったため、山下を見つけたゼッドが近寄り、櫻井、山下、ゼッドという豪華3ショットが実現した。

山下が、ゼッドに「日本の大スターだよ」と櫻井を紹介すると、ゼッドはのために楽曲提供を「やりましょう」と笑顔。櫻井は「機会があれば是非。すごいですね~」とフランクに現れた、世界的スターに驚いた。




「第61回グラミー賞授賞式」 の模様は2月11日、WOWOWプライムにて生中継された。(modelpress編集部)



第61回グラミー賞授賞式」出演者リスト

【パフォーマンス】カミラ・カベロ、カーディ・B、ダン+シェイ、ポスト・マローン、ショーン・メンデス、ジャネール・モネイ、ケイシー・マスグレイヴス、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、マイリー・サイラス、ブランディ・カーライル、H.E.R.、ダイアナ・ロス、マレン・モリス、リトル・ビッグ・タウン、リッキー・マーティン、ドリー・パートン、ケイティ・ペリー、J.バルヴィン、アルトゥーロ・サンドヴァル、ヤング・サグ、レディー・ガガ、マーク・ロンソン、クロイ・アンド・ハリー、トラヴィス・スコット、デュア・リパ、セイント・ヴィンセント、ヨランダ・アダムス、ファンタジア、アンドラ・デイ and more

【司会】アリシア・キーズ



嵐さん達のスーツ姿が素敵✨✨



ハリーなど犬に喰わせてしまえ


皆さん、すっかり「四大陸選手権、終わったモード」になっていませんか?

 

でも実はまだ今日(2月10日の日曜日)の午後からアイスダンスのFDがあるんですよ。なのでそのライストを待ちながらブログの更新をしています。

 
今回、ずっとCBC提供のとっても綺麗なライストで全競技をフォローできるのは嬉しい事です。解説も何もないので会場音とキスクラから漏れ聞こえて来る選手とコーチたちの素直なコメントも楽しい。
 
そこで、ツイッターで、ジェイソン・ブラウン選手やジュンファン・チャ選手の横に座るトレイシー・ウィルソンについてこう言われているのを見ました:
 
 
 
ほんと、その通り。
 
 
 
 

なんだかトレイシー母さんが付いててくれたら、何があっても怖くない、っていう安心感が生まれるような気がします。

 

 

 

 

スコアを待ちながらこうやって手を叩いてる姿も、すごくほっこりする。

 

ジェイソン・ブラウン選手がフリーを滑り終えて帰って来ると、出迎えたトレイシーの言葉は

 

"Looks like you were having a bit of fun out there!"

なんだか楽しそうに滑ってたわねえ!

 

と、暖かい。

 

ちょっとした失敗があっても、こんな事言われたら、

 

「うん、ほんと、楽しかったよ!」

 

って答えたくなるでしょう。

 

そして次にスコアが出て、順位が表示されるのを確認すると

 

"Getting there"

いい流れになって来てるじゃない(直訳は=目指している所に徐々に向かっている)

 

と、あくまでポジティブ。

 

でもここでのミソは、ジャッキーさんのインタビューでも言われていたことですが、トレイシーはただただ優しいお母さんなのではない、ということ。自分もかつては五輪に出場してメダルを獲得し、長年コーチとして、そして解説者として、まさにインサイダー・アウトサイダーとしての観点やノウハウや実績を備えている。

 

こんな味方がいたら、どれだけ心強いでしょうか。

 

あ、ところで前記事でトレイシーがハビエルに関して言っていたことで書き忘れていたことがありました。

 

*********

 

クリケット所属の選手には常々、勤勉な練習態度と、毎日のランスルーは必須であると説いているのだけれど、今回のハビエルのユーロ攻略に関しては違うアプローチを取らなければならない、という結論に達した。ランスルーばっかり必死でやってたら疲れちゃうから、と。練習の量より質を重んじた。

 

でも三週間だけで優勝しちゃったのを見て、他の選手たちが自分たちも同じように出来るんじゃないかと勘違いするようになったら困るけどね、と笑っていました。

 

なお、ハビエルがいかに人とのつながりを大切にするのか、小さい子供からお年寄りまで、誰と接せるにあたってもどれほど優しいのか、も絶賛していました。

 

"You can't know him, and not be touched by him"

彼と知り合って、心を動かされない人はいない。

 

 

以上で追記おわり。

 

************

 

 

じゃあ、すでに男子競技について書き始めたのでそのまま続けましょうか。

 

SPからもちろん見ていたのですが、FSを中心に:

 

今大会はずっとをフォローしながら見ていたのですが、彼が面白い事を指摘していました。

 

(該当のツイートがちょっと見当たらないのでニュアンスだけ)

 

カナダの男子のショートって全部、「GOOD GUY (良い奴)」的なのがテーマ?

 

確かにそう言われてみれば、ナム君はフランク・シナトラの "That's life"、キーガンはマイケル・ブブレーの "You got a friend in me" 、そして二コラ・ナドー君はハリー・コニックJr. の "A wink and a smile"などの、古き良き時代風なクルーナー曲オンパレード。

 

衣装もワイシャツにスラックス、ナムとキーガンはセーターやベストも着込んでいる。パトリック・チャンもこういう雰囲気、特に晩年(?)は多かったなあ。

 

またカナダ人の「私ら、ええ人ですねん」的なイメージを強調しているのか、とか言われそう。

 

それはさておき、今大会はキーガンが頑張りましたね。彼のあのゴム毬のような跳躍力、そしてスピンの速度はおそらく男子選手の中でもピカイチなんじゃないかと思います。

 

今シーズンのために作られたTSNの動画でキーガンが故郷のアラスカの大自然の中で、本当に楽しそうにピョンピョンはねたり、木登りしたり、カヌーを漕いだり、挙句の果ては竹馬を器用に操ったりしている姿が写っていました。こういう育ち方をしたので、あの身体能力が備わったのでしょうね。

 

 

 

ただ、アドレナリンが有り余って、それをどうコントロールするかで成績がかなり違ってきてしまう。去年から今年にかけてずいぶんとその辺りが上手になって来ているので、ワールドでの活躍も期待しています。

 

あとナム君、フリーの出だしで勢い余ってシャツのボタンを二つ余分に開けちゃったそうです。そしてこんな面白いツイートを(「FSが変なストリップ・ショーみたいになっちゃってすみません」)

 

 

 

 

 

ナム君もワールド、頑張ろう。

 

 

それにしても、16番滑走だった米国代表のヒワタシ選手の辺りから好演技が続き、非常に良い流れが出来てきたように思いました。12月のジュニア・グランプリファイナルに出場していたヒワタシ選手は、リンク外ではとっても穏やかでにこやかなんですが、いったん競技モードに入るとガラッと変わりますね。フリーの曲「Fate of the Gods」の壮大さに負けない力強い滑りで会場のお客さんを魅了しました。

 

田中刑事選手の演技は、プログラムの後半からどんどん、勢いが増して行ったように思いました。滑っている側も調子が良いと、疲れを感じなくなるからでしょうか。平昌五輪からしんどい時期を経て、SP・FSともに安定した演技を観ることが出来て嬉しかったです。

 

さて、最終グループの一番滑走で出て来た宇野選手。

 

SPの日の表情を見ていて、なんだかいつもと雰囲気が違うな、と感じました。私は宇野選手の出ている大会をこれまでに3度、手伝いに行きましたが、12月のグランプリファイナルの時でさえも、そんじょそこらのことでは動じない、飄々とした雰囲気がいつも彼の周りには漂っていました。ところがあの日は何となく、不安そうな表情が見えた気がして。

 

ジャンプのミスが二つありましたが、三つ目のトリプルアクセルはしっかりと振り付けの流れの中で決め、トップとの差は10点以内に収めたのはさすがでした。この結果で「まさかの4位」とか、また日本メディアのお得意の書き方が出ましたが、十分、逆転できる点差じゃないですか。フリーでは絶対に挽回してくれるだろうと思っていました。

 

そして始まった「月光」のプログラム。強い意志が宿った目を見て、ワクワクしながら演技を追っていると、冒頭から確実に一つ一つのジャンプが決められていく。そしてスケーティングも独特のぬめっとした(←良い意味です)氷にへばりつくようなもので、これがモントリオールのアイスダンスの聖地、GADBOISスクールで練習を重ねた成果だな、と思ったことでした。(ちなみにCBCの解説者たちはGPFのエキシの際に、「ショウマはスケーティングのマスタークラス(上級者向け講座)を教授してくれたね」と言っていました。)

 

演技が終わった途端に崩れ落ちた昌磨さん。あんな彼の姿を見たのは初めてだったなあ。でもこうやって必死になって、そして感情を露わにしたということは、これからの彼は手強いだろうな、とも思いました。

 

それから前述のキーガンの演技があり、彼も最後の数秒間ですでにチャップリンのキャラから脱してしまうほどの喜びよう。会心の出来でした。良かった良かった。

 

ジェイソン・ブラウン選手は果敢に4Sを入れてきました。成功ではなかったけれど、転倒はしなかった。これがトレイシーさんの「良い方向に向かっている」ということでしょう。ジャッキーさんとのインタビューの中で、スケーティング・スキルにおいてはジェイソンに驚かされっぱなし、と言っていましたので、ジャンプの向上については根気よく、クリケットでの鍛錬を重ねて行けばきっと納得の行く成果につながる。

 

そしてヴィンセント・ジョウ選手がSP首位からのフリー演技に入りました。彼もさんざん、URを取られて来た一人なので、あのショートのスコアは嬉しかったでしょうね。でもフリーではやはり、演技後にどんどんとTESカウンターの数字が下がって行ってるのが見えて、これはたぶん、首位をキープできないだろうと思いました。まあ、結果的にはその通りだったんですが、でもこの大会は彼にとって大きな励みとなったでしょう。

 

さて、ジュンファン選手。彼もショートは見事でした。私はあのプロコフィエフの曲に乗せたプログラム、すごく斬新で好きです。今シーズンのデイビッド・ウィルソンの振り付けの中では傑作じゃないかしら。スコアが出た時のブライアン・オーサーの反応が、かつて羽生選手の「パリの散歩道」が初めて世界記録を更新した時に似てたと思いました。そしてフリーのロミジュリ。これもやはり17歳の若者が演じてこその初々しさ、悲愴感が観ている者の心を打ちます。

 

実はアイスダンスの米国代表、ハベル&ドナヒューがほとんど同じ編曲で演じているのですが、彼らの場合はむしろ「ボルジア家」みたいな大人のドラマになってしまってます。

 

 

いずれにしてもジュンファン選手、フリーではたくさんのURを取られてしまいましたが、SPでの興奮もあってちょっと疲れたのかも知れません。

 

出迎えたトレイシーとブライアンがなんか受験帰りの息子を休憩場所に導いているみたいでおかしい。

 

 

「さ、ジュン君、こっちに座りなさい。オトーサンが場所取っててくれたはるから。」

「ここ、ここ。飲み物もあるで」

 

「よう頑張った、よう頑張った。」

「ほんまにねえ、もう」

 

いや、実はトレイシーは関西弁ではなく(当たり前か)カナダ人特有の言い回しで "Oh boy, eh?"、って言ったのです。あえて訳せば「あーもう、(凄かったわ)ねえ」かな。一方ブライアンは良く羽生選手にも言っていた"Good boy, good fight"でした。

 

これからゆっくり仕切り直して、ワールドに向けて勢いを付けて行ってほしいです。(手袋だけがちょっと気になる)

 

そして最終滑走のボーヤン・ジン選手。彼はよくシーズン後半になるとしっかりと調子を上げて、大事な試合で位置取りができるようにする、と言われていますが、本当にその通りになりました。そしてやはり宇野選手にしても、シニアのトップレベルで争うようになって4シーズン目ともなると立派に「ベテラン」の貫禄が付いているのでしょう。落ち着いて、やるべき仕事をこなして、二位に入りました。

 

いや、見応えのある試合でした!!

 

 

次は女子の試合について書きますが、そろそろアイスダンスのライストに集中したいので、ひとまずアップします。

 






ハリー 関連ツイート




今日もシケたエモノばっかりだったわね~ もういいわ おいでハリー 一緒に寝ましょ♪





RT @moz_kus: ハリーの特等席🐹 https://t.co/yE0ZkxXXNP





@HARRYMETALDEATH @460_METAL ハリーさんもお仲間です(*´∀`)人(´∀`*)❤

( ゚∀゚)ウヒー💕
( ゚∀゚)ウヒー💕( ゚∀゚)ウヒー💕





ハリー・ポッターのおかげで英語恐怖症が治まってきたと言っても過言ではない(過言ではない)





PR

コメント

P R